212点で合格の現役行政書士がお伝えする直前学習対策!試験前3ヶ月の学習と試験当日の動きが合否を分けます

¥ 1,480

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通常価格14,900円 → 1,480円(数量限定)

※紙媒体をご希望の場合は、プラス1,000円(郵送費・印刷代込み)にて承っております。(送料を1,000円に設定し、ご入金をお願いしております)

行政書士試験の合格率は、年によって異なりますが、平均の合格率は10%程度です。

そのため、多くの受験者が不合格となり、数年かけて勉強に励んでも合格することができずに、諦めてしまう方も少なくありません。

行政書士試験は、受験資格が不要でどなたでも受験可能なため、約10%の合格率であっても、合格率ほど難しくないと言われることもあります。

しかし、本当にそうでしょうか。

行政書士試験は、日本トップクラスの難易度であり、同法律系資格である司法試験や司法書士試験を目指す受験者や合格ができなかった方が、多く受験しています。

そのため、司法試験や司法書士試験を目指して十分な学習を積んでいる受験生も多いなか、合格率が約10%なのです。

それでも、行政書士試験は簡単と言えるでしょうか。


本テキストの目的「直前の対策で人生を変える」

こちらのテキストの作成者で現役行政書士の私は、法学部卒ではなく、加えて、高校と大学の偏差値は30台でした。

そのため、私は自頭が良いわけでなく、行政書士試験の本質を理解し、対策を練ることから始まりました。

多くの行政書士試験テキストや予備校は、法学部卒の先生やエリートコースを歩んできた方が作成したものが多いです。

つまり、自頭の良さで行政書士試験を突破している先生が多いのです。

そのため、市販のテキストや予備校がこれだけ乱立していても、合格できる方はほんの一握りになってしまっているのです。

当テキストは、行政書士試験の対策を十分に練り、シンプルに合格へ導く教材です。


当テキストをご購入頂くと得られる知識


当テキストは、直前対策をメインに作成されています。

行政書士試験は、非常に出題範囲が広く、的をしぼり辛いテストだと言われています。

しかし、合格者が毎年一定数いることも確かです。

行政書士試験は、例年、約10%の合格率ですので、10人に1人は合格できます。

つまり、9人は行っておらず、1人は行っている学習方法があるということです。

世の中、飛び抜けて天才的な頭脳を持っている人は、多くないと思います。

つまり、合格を分けるポイントは、正確な学習方法で知識を蓄え、直前にすべきことと、すべきでないことを明確化することにあるのです。

行政書士試験に合格することができれば、独立することも可能ですし、社会的信用は大きく高まります。

行政書士試験直前の少しの過ごし方の違いで、合否を分けるのはあまりにも残酷です。

不合格となった場合、次のチャンスは1年後です。

今年合格するか。それとも、合格を先に延ばすか。それとも、合格を諦めるか。

答えは明確なのではないでしょうか。

こちらのテキストでは、合格に必要な直前の対策をまとめています。


テキスト 目次 (一部、変更になる可能性がございます)

・行政書士試験合格で得られるメリット
・直前にすべきこと、すべきでないこと
・直前で20~30点、得点をあげる方法
・試験当日にすべきこと、すべきでないこと

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する